ホームヒロボーグループ紹介モデル事業部製品情報 > SDX(エスディーエックス)
 
 

SDX(エスディーエックス)

静と動を高次元で両立させた独自理論。全てを超えるファンタスティックヘリコプター SDX

スポーツヘリの基本性能そのものを細部にわたり徹底的に追求し、激しいアクションにも機敏に反応する運動性とホバリングにおける自律安定性をヒロボー独自技術により高次元で獲得しました。ファンタスティックヘリコプター、それがSDXです。今までにないスムーズで力強いフライトが楽しめます。
ピッチアップ方式は、SWMスワッシュモード)とHPMヒロボーピッチアップモード)の2種類。

 

ラインナップ

【SWM仕様ラインナップ】

CODE 品名 価格(税抜)
0403-952 SDX50 SWM 組立キット(マフラー付属) 63,000円
0403-954 SDX50 SWM エンジン付 半完成 85,000円

【HPM仕様ラインナップ】

CODE 品名 価格(税抜)
0403-951 SDX50 HPM 組立キット(マフラー付属) 63,000円
0403-953 SDX50 HPM エンジン付 半完成 85,000円

【37HPM仕様ラインナップ】

CODE 品名 価格(税抜)
0412-946 SDX37 HPM エンジン付 半完成 71,000円
 

仕様 / Techinical Specification

全長 1,220mm
・ 全幅 186mm
・ 全高 395mm
・ 全備重量 50クラス 3,400g
・ ギヤ比 8.7:1:4.71
・メインブレード径 50クラス 1,348mm
(FRP対称メインブレード L=600)
・テールブレード径 258mm

 

SWM方式は3DからF3Cまで細かいセッティングが可能

ダイレクト(※1) にリンケージされた3つのサーボを電気的にミキシングし、それぞれの用途に合わせて動かします。
例えば、ピッチの場合は3個ともサーボを動かし、エルロンの場合は、左右2個のサーボを動かします。エレベーターは、スワッシュプレートより前側のサーボと、後側のサーボ2個を逆に動かします。以前はF3Cに向かないと思われていましたが、現在は送信機の補正機能が充実していますので、多くのF3Cトップパイロットも使用しています。

(※1:)間にレバーが入ることもあります。

な機能を必要としません。

■リンケージ・ピッチアップシステム
スワッシュモードリンケージは、送信機の機能に合わせ120°、135°タイプが選択可能。
全機種リンケージレバーはフルベアリング仕様。また、50クラスはプッシュプル(両引き)リンケージを標準装備。
プッシュプルリンケージは、リンケージのたわみによる伝達ロスを軽減。
3Dフライトなどの高回転・高速運動時も変わらない、ダイレクトな操舵フィーリングを体感できます。

■SWMラダーサーボ
SWMはサーボマウントにラダーサーボを配置。サーボへエンジン排気がかかるのを防止。
リンケージロッドの摩耗を防ぐため、摺動性の高いPOM(ポリアセタール)製ガイドパイプを標準装備。

 

HPM方式は初心者でも分かりやすい定番方式

1つの舵に対して、1つのサーボを使用する、機械的リンケージシステムです。

送信機のミキシングを使用しないリンケージ方式で、組立や調整が理解しやすく初心者向けと言えます。プロポの特別な機能を必要としません。

■リンケージ・ピッチアップシステム
HPM(ヒロボーピッチアップモード)に合わせ、サーボマウントは最適なレイアウトになるよう設計。
全機種プッシュプル(両引き)リンケージ、フルベアリング仕様のレバーを標準装備。
プッシュプルリンケージは、リンケージのたわみによる伝達ロスを軽減。
3Dフライトなどの高回転・高速運動時も変わらない、ダイレクトな操舵フィーリングを体感できます。

 

 

FZ-Ⅴ(ファイブ)ローターヘッド

安定性と運動性という相反する要素を両立させ、限りなくスティックワークに忠実な操作性を得ること。その飽くなき追求により生まれたFZ-Ⅴ(ファイブ)ローターヘッド。ビギナーのホバリング練習から、F3Cスケジュールそして過激な3Dフライトまでオールラウンドに対応。ホバリングにおいてはその高い自律安定性が操縦者に安心感を与えるとともに、スティックを動かせばわずかな操作にもリニアに反応し、正確に目標への移動が可能。上空飛行ではその高い直進性で、飛行機のような直線飛行が可能。また、ロールやループにおいてもスティックワークにリニアな反応が得られ、大空に美しく正確な軌跡を描きます。ピッチストロークは最大30°そしてスワッシュプレートの最大舵角を従来比1.6倍とし、主に過激な3Dフライトにおいて圧倒的な運動性を発揮。各パーツも過激なスタント飛行に対応しΦ10メインマスト・Φ8スピンドル・Φ8スラストベアリング・Φ8ラジアルベアリングを採用。90クラスと同等の強度と耐久性を誇ります。シーソー及びミキシングアームの穴位置の変更で、ベル・ヒラー率および修正率が変更可能。また、スタビライザーブレードは好みにあわせた操舵フィーリングへの変更ができるように19g~32gの範囲でウェイト調整が可能。

 

キャビン

空力特性に優れたデザイン。左右4点支持で、キャビンの脱着が簡単・確実なボディマウントを採用。また、耐衝撃性の高い樹脂を採用。

 

90°、120°、135°スワッシュプレート

内径をΦ20からΦ25へサイズアップし、エルロン・エレベータ同時操作時の干渉を解消
※イーグル3・タービュランスに使用のスワッシュプレートと同サイズまた、90°120°135°を共通化

 

メインフレーム

高強度エンジニアリングプラスチック製メインフレーム。機能性・デザイン性・耐久性を追求し、ベアリングホルダー・クーリングファンカバー一体型のオールインワン設計。理想的な重心バランスを実現するため、上級機種と同じエンジンレイアウトを採用。

 

エンジン部

フライホイールはドライブシャフトへのねじ込み式とし、難しいエンジンの芯出しを容易にしました。
バッフル内蔵・消音タイプのマフラー標準装備。

 

DTDSメインギヤ

50クラスは、メインローター回転をダイレクトにテールに駆動する DTDS(ダイレクトテールドライブシステム)を標準装備。オートローテーション時もテールコントロールが可能。さらにオートロケースにもラジアルベアリングを追加し、いっそうスムーズな回転を実現します。

 

燃料タンク

480cc 大型燃料タンクを標準装備。残量確認がしやすく、50エンジンでも余裕のフライト時間を確保。機体の振動を吸収し、燃料の泡立ちを抑えるフローティングゴムを採用。さらにオプションでリザーブタンクも取付可能。

 

ローハイトスキッド

新設計されたローハイト一体型スキッド。組立やすくなり、高速飛行時の空気抵抗を低減します。

 

テール

テールハウジングは従来のΦ4からΦ5へサイズUP。Φ5スラストベアリング2個・Φ5ラジアルベアリング4個(合計6個)を採用。確実なテールコントロールを実現するWピン支持タイプのテールピッチシステム。
テール駆動方式はベルトドライブ。

 

SWMラダーサーボ

SWMはサーボマウントにラダーサーボを配置。サーボへエンジン排気がかかるのを防止。
リンケージロッドの摩耗を防ぐため、摺動性の高いPOM(ポリアセタール)製ガイドパイプを標準装備。

 

テールブレード

新設計されたプラスチック製テールブレード。