ホーム会社概要 > ヒロボーの社会貢献 with メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
 

会社概要

 

ヒロボーの社会貢献

■ 人のために、社会のために。 with メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン

 ヒロボーは、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン 広島支部へ協力し、
 筋ジストロフィーで闘病している男の子に、世界でひとつしかない夢のラジコンバスを製作しました。
CSR_ラジコンバス贈呈式CSR_車いすサッカー
 彼は車いすサッカーの選手で、その仲間たちが一緒に並んで移動することのできる夢のバスをラジコンで作り、
 それを 自分で操作したいと願っていました。

 その夢をなかえるため、彼の望むデザインを外装に施し、車いすが後ろから入ることのできる電動リフト等を備えた
 ラジコンバスを製作。平成21年9月6日にお渡ししました。

 当社の技術により難病の子供の夢をかなえるお手伝いができたことに、社員一同大きな喜びを感じています。
CSR_ラジコンバス前CSR_ラジコンバス後
 ●サイズ 全長560mm/全幅155mm/全高200mm     ●バス後部の電動リフトも再現

CSR_ラジコンバス横.BMP

CSR_ラジコン車いすCSR_ラジバス_コントローラー
 ●サッカー競技用車いす もラジコン化            ●専用コントローラーも同時に開発
メイク・ア・ウィッシュ について
「メイク・ア・ウィッシュ」とは英語で「ねがいごとをする」と言う意味のボランティア団体です。
3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは1993年に「遊園地に行きたい」という夢をかなえたことを第1歩として、その後「野生のイルカと泳ぎたい」「ウルトラマングレートと一緒に戦いたい」「世界一大きいヘラクレスオオカブトムシに触りたい」「サンタクロースと遊びたい」等など、多くのすばらしい夢をかなえるお手伝いをすることができました。
メイク・ア・ウィッシュの活動は、子どものゆめをかなえて「あげる」のではなく、夢をかなえるのに必要な、さまざまな手配や配慮をしてそのお手伝いをすることです。子どもたち一人ひとりのために、子どもの家族と力を合わせ、夢の実現というかけがえのない体験に向かって進んでいきます。それが明日への生きる力となれば、どんなに素晴らしいことでしょう。
webサイト 公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン